部下の教育方法を考える

ビジネスマン必見!部下の教育方法

人と人とのコミュニケーション

部下を良く知りコミュニケーションをとる

人材の育成に限らず、人間関係の構築にまず必要なことですが、しっかりコミュニケーションをとり、まず相手を知ることが大事です。
観察する・対話する、という行動で、その人なりの個性や得意・不得意、性格、時には才能を知ることができます。
その情報をもとに最適な役割を与えることができ、仕事が円滑にすすむようになるのです。

対話の場合に一番大切なことは、まずは相手の話をよく聞くことです。
話をさえぎったり、最後まで聞かずに否定をしたりする人がよくいますが、これではコミュニケーションが途切れてしまいます。
上司に話をしてもしょうがない…という気分にさせてしまうからです。
相手の話に耳を傾け、聞くことが対話の始まりとなります。

目標をかかげ仕事を割り振る

日ごろの対話によって得られた部下のタイプや得手不得手の情報をもとに、成長を促す目標を設定します。
目標設定および、その期限を設定することによって、部下のスキル習得や求められる資質を身につけるように心がけていきます。
この時も、部下と対話をして目標設定の意味を伝えるようにします。
期限については部下ごとに能力が違うので、そこを考慮して設定していきます。

目標達成のためのさまざまなスキル習得については、どのようにしていけばいいのかを具体的に指導します。
教材名、マニュアル名の指示をしましょう。

成長を促すことを考えた仕事の割り振りも大事になってきます。
必ずしも本人の希望通りにいかない場合も、将来役に立つということを伝えて仕事の担当をしてもらうようにします。


この記事をシェアする
TOPへ戻る