部下の教育方法を考える

ビジネスマン必見!部下の教育方法

叱るときはどうしたらいいか

部下を叱るのも必要

ほめるばかりでなく、叱るときはきちんと叱ることが大事です。
性格によってはあまり叱りたくないな、という人もいるでしょうが、叱る行為は部下の成長には不可欠です。
前述のほめるがなく、叱るだけでは部下とはうまくいかないので注意が必要です。

もし、常識から外れた行為をしている部下がいた場合、誰も叱らないとチームが崩壊しかねません。こうした行為は組織のためにもきちんと叱り、正していく必要があります。

仕事上ミスをしたり、水準が低いと認められる場合も、部下に自覚させる意味で叱ることが大事です。

叱る場合にも、一定の基準をもってのぞみましょう。
感情的に叱ったり基準が適当な叱り方をすると、部下も納得ができずに空気が悪くなります。

叱り方のポイント

業務上のミス、仕事の水準が著しく低い場合などは、具体的に指摘しかつ冷静に対処しましょう。
感情的にはならず、まず相手の言い分をきき、一方的にならないようにします。
仕事上でのことなので、上司の伝達が不十分ではなかったかを確認しないといけません。
伝達がうまくいってないなと感じたら、仕事内容を教えるところから考えるようにし、アドバイスを盛り込んだ対応にしましょう。

あまり正論をいって追い詰めないことも大事です。
ミスをしたからといって追い詰め少しも逃げ道を残すことをしないというのは、人間関係においては重大な弊害を及ぼします。

社内ルールを無視した行動や、常識外のことをした場合などは叱るというよりまずは怒る感じで構いません。
なぜしてはいけないかを理解させる段階で、冷静に対処をしていきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る