部下の教育方法を考える

ビジネスマン必見!部下の教育方法

部下ができて考えること

部下の教育の基本的なことに、ほめることがあげられます。ほめるといっても何をどうすればいいのか?と考え込んでしまうかもしれませんね。 ほめるのが得意な人は人間関係の構築も得意な人が多いです。 誰でもほめられると気分がいいものです。その人間心理を突いて、成長を促すということが今回のポイントとなります。

部下をほめてみよう

新卒を迎える時期が過ぎたころ、会社で部下ができて、考えることが増えた人も多いのではないでしょうか。

どうやって教育したらいいのか…と頭を悩ます事項です。

ゆとり世代だなんだのと世間では言われる若者を、どうやって扱っていいのかも難しく考えてしまいますね。
また最近は昔のように頭ごなしに叱りとばすと、パワハラなどと言われてしまいます。
訴えられてしまってはたまったものではありません。
そうでなくても、困ったことに親が文句を言ってくる場合もあります。
また、何気なく強く叱っただけで会社をやめてしまう者もいます。
自分には信じられない、といって困惑するかもしれませんが、そうならないように上司である者も対応していかねばなりません。

ますます面倒だと頭を抱えてしまいますが、部下の教育方法を上司も学んでいく必要が高まっています。

部下の教育は他人事ではなく、上司にも関係するものです。
教育することで成長するのは部下だけではありません。
上司も成長するものなのです。
人に教えるという行為が上達するということは、正しく効率的に人にものを伝えられるということにもつながります。

教育方法にメソッドはありますが、部下個人でも対応が変わってくるものがあります。
このサイトで述べている事項を参考にし、実際の場面で応用を効かせて部下と向き合っていきましょう。

企業の成長には人材の育成がとても大事です。
部下とともに成長していく上司となりたいものですね。

叱るときはどうしたらいいか

部下を叱るということも、必要なことなのですが、最近は少し難しく感じられます。 昭和の時代のような、一方的で感情的に怒鳴ったりしたら、今の時代はパワハラなどと言われかねません。 そうでなくても、叱り方によっては部下の教育には逆効果となってしまいます。

人と人とのコミュニケーション

部下と上司という関係を良好に築くには、コミュニケーションをまずとることが大事です。 人間関係を円滑にするには大切なスキルとなるコミュニケーション力ですが、どのようにしてコミュニケーションをとればよいのでしょうか。 部下に対しての接し方を考えていきましょう。

TOPへ戻る